蚊に負けず劣らず嫌われている害虫ゴキブリとの死闘を描いた姉妹サイトも更新中!
”もはや人類 VS 昆虫の戦争である”

日中に襲ってくるヤブ蚊、

寝静まった深夜に近寄ってくるイエ蚊、

奴らは、私達に休まる時間を与えてはくれない

この物語は、たった一人の人間が

群れをなして襲撃してくる害虫どもに

果敢に立ち向かった現在進行系の歴史である

スポンサーリンク
ジカ熱・ジカウイルス

衝撃(´゚д゚`)!日本脳炎ウイルスを媒介する蚊(コガタアカイエカ)など複数の害虫は海外から飛来するらしい!

蚊(カ)などの害虫が海外から風に乗り飛来!? これは知らなかったです、衝撃の事実(´゚д゚`)! いやいやいや、まさか海を渡って!? 外国から害虫が日本に侵入してるなんて(笑)、 船(貨物船)や飛行機
ジカ熱・ジカウイルス

ジカ熱に感染した妊婦から頭が小さい「小頭症」の赤ちゃんが中南米で生まれているから対策法を紹介する。

ジカ熱、日本に侵入・上陸したらトンデモナイ騒ぎになると予想されます。 特に少子化の現在、妊婦さんは国の宝だ!とオッサンが叫び声を上げそう。 よっしゃ!いっちょジカ熱対策の方法を調べてみるかいな! ポチッと。
写真と動画

殺しても殺しても繰り返される蚊(カ)と人類の闘いの一端をご覧ください。え?大丈夫、死んでますよ。

生活環境が野山の自然が近いということもあり、 倒しても倒しても居なくならない蚊(カ)。 こういう環境って殺虫剤メーカの人たちは ”絶好のターゲット”にしてるんでしょうね、 と愚痴ってみる。 蚊取
ジカ熱・ジカウイルス

ジカ熱・ジカウイルスを媒介する蚊は、”青い服を着たヒト”と”バナナを食べた人間”を好む?

マジで(´゚д゚`)!? 蚊(カ)って色を判別できんのか!? 匂いを嗅ぐ能力はなんとなく分かってたけどさ。 ※汗かき体質なヒトや、酒を飲んでアルコール?二酸化炭素?を吐く息を探知して血を吸いに来るとか。
写真と動画

蚊取り線香をかいくぐって家の中に侵入する忍者のような害虫の蚊(カ)を駆除した写真・画像

「害虫の蚊(カ)を撃退しました(笑)」 と書くと、だからなに?という反応が返ってくる、 それぐらい当たり前な光景ですよね。 あまりにも日常的過ぎて感覚が麻痺しています。 でも、考えてみるとこんな小さな
蚊(カ)対策

感染症を拡大させる”ゴキブリのような蚊”(ネッタイシマカ)に人類は敗北!?遺伝子操作、不妊化など早急な対策を打て!

※写真は私の血を吸ってお腹が膨れた蚊。 蚊が世界中を混乱に陥れようとしている。 いや、混乱に陥っている地域もあるのではないだろうか。 ウォール・ストリート・ジャーナル [The Wall Street
蚊の幼虫ボウフラ

赤いボウフラはユスリカ(蚊)の幼虫であり、人間を刺して血を吸う動物・昆虫ではないが昆虫食になるらしい

雨が降った後、屋外に放置していた プラスチック容器には雨水が溜まっている。 底に沈殿したチリ・ゴミが日が経つと 腐敗臭をだし、そこへ蚊が卵を産み落とす。 下の写真では分からないと思うので、 もっ
蚊の死骸

駆除した蚊(カ)の写真を撮りながら思った、「蚊は一年中、たとえ冬の2月でも活動する最恐最悪の害虫だ」

※写真の蚊はユスリカ、の間違いだと思う。 自然界・昆虫界の中でも、 圧倒的に私たち人類に被害を与えてるのに、 蚊(カ)ってゴキブリよりも危険な昆虫なのに、 どうしてもっと怖がられないんだろうか、 どうし
スポンサーリンク