(悲報)ジカ熱の感染力はデング熱並み!感染した人を刺した蚊から流行が広がる恐れの可能性が怖いよ

スポンサーリンク
害虫の蚊(カ)の超拡大アップ写真・画像

害虫の蚊(カ)の超拡大アップ写真・画像

素人だからよく分からないのですが、よくないニュースであることだけは確かなようです・・・よね?

妊婦が感染すると小頭症の赤ちゃんが生まれる可能性・危険性のある

ジカ熱(ジカウイルス)の感染力はデング熱並み

ってことを東大の研究チームがまとめたってことでいいのでしょうか?

間違って理解している可能性の高い私なんですが、

ま、まあ、とにかく重要なのは、

”蚊に刺されなきゃデング熱もジカ熱も感染の危険性は低い”

”蚊に刺されないための予防策をすることが安全性を高める”

わけだよね、それさえ分かれば対応はできるよね、とポジティブに考えるようにします(笑)。

毎日新聞WEB ジカ熱 感染力、デング熱並み 東大推計

蚊が媒介する感染症のジカ熱が過去に南太平洋で流行した際、患者1人から感染した人数は1・8〜5・8人だったとの試算を、西浦博・東京大准教授(理論疫学)のチームがまとめた。

数値が1以上だと流行が広がるとされ、同じく蚊が媒介するデング熱の過去の推計(1〜4)に近い感染力だった。

ウイルスを媒介する蚊が常に活動している南太平洋と日本では、気象条件や蚊の種類、蚊に刺される頻度などが異なるが、西浦准教授は「国内でも夏場、蚊が多い地域では感染が大きく広がる恐れがある」としている。

引用ページ:http://goo.gl/A4QUPy

あのですね怖いこと書いてもいいですか?

このニュースを読むと、感染力も怖いんだけど、

ジカ熱に感染した人を刺した蚊が、別の人を刺したらジカ熱に感染する

ってことなのでしょうか?

性交渉でジカ熱・ジカウイルスに感染するってニュースもありましたよね。

スポンサーリンク

人から人へ直接感染しないけど蚊が媒介する可能性はある

厚生労働省のホームページを見てみよう・・・。

厚生労働省検疫所「FORTH」

感染症についての情報|デング熱 Dengue Fever

感染経路:

ウイルスを持っているネッタイシマカヒトスジシマカなどに刺されることで感染します。

ヒトスジシマカは、ヤブ蚊とも呼ばれ、日本にも生息しています。

不顕性感染を含めて

”感染した人を蚊が刺すと、1週間ほどでウイルス量が増えます。その蚊に人が刺されると感染する可能性があります。”

人から人へ直接感染することはありません

引用ページ:https://goo.gl/U9xzru

デング熱の場合らしいけど、

感染した人を刺した蚊が別の人を刺されたらデング熱に感染する可能性がある?

でもそれって、できるだけ多くの人が蚊・対策をすれば危険性を減らせるってことでもありますよね。

こういう危機こそ団結力が世界一、地球一の日本人の底力を見せる時じゃないですか?

米国とか海外の人ってバラッバラでそれはそれで見てる側には面白いけど(笑)。

ジカ熱・ジカウイルス対策って、少子化対策と無関係ではなくてリンクするような問題でもあると思うんですよね。

今年はオリンピックもあるし、殺虫剤メーカーも腕の見せ所、挑戦の年になるんじゃないでしょうか。

画期的な蚊(カ)対策を打ち出すことができれば全世界で採用されてトップ企業へ上り詰められるかもしれませんよ。

ベンチャー企業が大企業を追い越して飲み込むなんてことが起きるかもしれませんね。

ワクワクドキドキですね。いや、ワクワクしたらダメだ、ドキドキですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA