毒を以て毒を制す!?ジカ熱・デング熱を媒介する蚊(カ)対策は小型無人飛行機ドローンが有効か!?

スポンサーリンク
小型無人機ドローン型のラジコンを操作する男性

小型無人機ドローン型のラジコンを操作する男性

さ、寒い(((´゚ω゚`)))、3月って暦の上では春の季節じゃなかったっけ・・・。まあそんなことはどうでもいいです。

3月でも時に暖かい日があってそんな日に山の近くを歩くとですね、やってくるのですよ、はい、蚊(カ)。

叩いて退治したヒトスジシマカ(蚊)の死骸

叩いて退治したヒトスジシマカ(蚊)の死骸

あのな~、血を吸うのは構わない、ただし条件がある!

”人間以外の動物から吸う限りは!”

フンガッ(○`Д′○)!と怒鳴ってみたんですが効果なし。

人間を吸うなら人間だけにして欲しい、せめて。

人間以外の動物から吸うなら人間から吸うな、と。

だって、ネズミやカエルとか吸った後に刺されたくない(笑)。

蚊にしてみりゃ「うるせえ!吸いたい時に吸いたいやつから吸うんだぜ\(^o^)/ギャハハハ!」とお構いなしなんでしょうな。

そんな感じで、今年も刺されるだけさされて泣き寝入りか、と諦めかけていた時でした。

ドローンがデング熱から人間を救う?
蚊の繁殖地を特定、殺虫剤の散布も

いまだ世界で流行し続けるデング熱。そのデング熱に、ドローンを使って対策する国が出てきた。その対策方法とは?

2014年夏に代々木公園が一時封鎖されるという事態を招いた「デング熱」

日本では、収束したように思われるデング熱だが、今度は日本人にも人気の観光地「ハワイ」で猛威を奮っている。

そんな中、シンガポールでは小型無人飛行機「ドローン」をデング熱対策に活用しようとしている。

引用元ページ:ITmedia PC USER http://goo.gl/StRZ3b

なんと(´゚д゚`)!?

メリットよりもデメリットばかりがクローズアップされがちな!?ドローンを使って害虫の蚊(カ)対策がすすめられているとな!?

スポンサーリンク

厄介者同士の対策”マイナスとマイナスかけたらプラス”

嫌われ者(が多数派?)同士を戦わせることでプラス効果を生み出すマジック!?

学校で習う算数で、

マイナスとマイナスを掛け合わせると、どうしてプラスになるの?

という疑問を面白おかしく紹介した記事がありました。

あなたの家の廃棄費用が必要なゴミを(※マイナス)、あなたの家に忍び込んだ泥棒が盗んで行きました(※マイナス)。しかし、結果はプラスとなっているのです。

になぞって、ドローンで蚊を退治する作戦名を

”マイナス掛けたらプラスじゃん!”

と名付けたらいいんじゃないか!と思ったのです。

叩いて退治したヒトスジシマカ(蚊)の死骸

叩いて退治したヒトスジシマカ(蚊)の死骸

この方法をゲーミング手法でビジネスにしちゃえばいいのですよ。

体育館のような広い密閉した空間に蚊を放ち、ドローンで制限時間内でどれだけの蚊を捕獲できるのか選手権を開催し、オリンピック競技にするのです!

叩いて退治したヒトスジシマカ(蚊)の死骸

叩いて退治したヒトスジシマカ(蚊)の死骸

蚊の撲滅と競技性を掛け合わせた素晴らしいスポーツになると思いますよ。

※ただし、グリーンピース、シー・シェパードのような環境保護団体が「蚊だって生きる権利はあるんだ!」と妨害してこない限りは・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA