ジカ熱・ジカウイルスを媒介する蚊は、”青い服を着たヒト”と”バナナを食べた人間”を好む?

スポンサーリンク
捕獲した害虫の蚊(カ)

捕獲した害虫の蚊(カ)

マジで(´゚д゚`)!? 蚊(カ)って色を判別できんのか!?

匂いを嗅ぐ能力はなんとなく分かってたけどさ。

※汗かき体質なヒトや、酒を飲んでアルコール?二酸化炭素?を吐く息を探知して血を吸いに来るとか。

蚊って、バナナの匂いが好きなのか、熱帯性の地域ではバナナ多そうですもんね。

でも、青色の服を着ると蚊に狙われやすくなる?本当かな~・・・。

ジカウイルスを媒介する蚊は青い服を着た人を好む

熱帯の国で青系の服を着るのは危険だ。

なぜならジカウイルスを媒介する蚊は、青系の服を好むからだ。エヴドキモフ記念大学感染症学科のニコライ・マリシェフ教授が明らかにした。

マリシェフ教授は、熱帯の国へ出かける時には体を服で覆わなければならないが、服の色に注意しなければならないと指摘している。

その他にも、バナナは食べない方がいいという。
教授は次のように語っている-
蚊は青系の服を非常に好みます。青い服は着ない方がいいでしょう。また蚊はバナナを食べた人間のことも好みます

その他にも、主に蚊が刺すのは夕暮れ時の自然の中だということも理解しておく必要があります。」
ジカ熱は、通常、サルの間で広がる急性伝染病だが、時折、特別の蚊(Aedes albopictus)を通じて人間にも感染する。

高熱が出るのが特徴だ。この病気に感染しないよう特に注意しなければならないのは、妊娠中の女性で、感染した場合、潜在的に重度の脳障害を伴う「小頭症」の赤ちゃんが生まれる危険性がある。2016年末までに、ジカ熱感染者は、世界27カ国で報告されている。一連の国々では、非常事態が導入された。

引用元ページ http://jp.sputniknews.com/life/20160218/1632190.html#ixzz40g9VzrCd

えっとつまり、ジカ熱・ジカウイルスを媒介する蚊に刺されないための予防策として、

  • 青い服を着ない、青以外の色の服を着るようにする。
  • バナナを食べることを控える。(バナナジュースは?)
  • 夕暮時は蚊に刺されやすいから長袖を着るようにする。

を実践すればいいのかな。

お金もかからないし、簡単だからすぐ導入できますね。

って、あれ?青い服って・・・。

サッカー日本代表はサムライブルーのユニフォームを着ると危険なのかな?

ブラジルに応援に行くサポーターも青い服を着ると危ないのかな・・・(汗)。

スポンサーリンク

リオ五輪は、蚊の嫌いな色の服を着てバナナ食うなよ!?

人間の血を吸った蚊を駆除した後に指についた赤い血液

人間の血を吸った蚊を駆除した後に指についた赤い血液

青い色の洋服を着ると蚊に刺されやすくなるなら、

逆に蚊の嫌いな色や模様の服を着ればいいのかな。

蚊取り線香の渦巻きマーク?にんにく?

園芸用の細かい網目の防護服が無難でしょうね。

匂いに関しては難しいですね。

暑い南米で汗をかくなというのは無理だから、

制汗剤や除虫クリームを持参するしかないかな。

っていうか、ジカ熱・ジカウイルスが日本に侵入したらどうなるんでしょう。

デング熱でさえ公園の蚊を駆除とか半パニック状態だったのに。

少子化が問題だから妊婦さんには優しくしないとですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA