蚊に負けず劣らず嫌われている害虫ゴキブリとの死闘を描いた姉妹サイトも更新中!
”もはや人類 VS 昆虫の戦争である”

日中に襲ってくるヤブ蚊、

寝静まった深夜に近寄ってくるイエ蚊、

奴らは、私達に休まる時間を与えてはくれない

この物語は、たった一人の人間が

群れをなして襲撃してくる害虫どもに

果敢に立ち向かった現在進行系の歴史である

10円硬貨(銅イオンの効果)で蚊の幼虫ボウフラ退治は可能?実験した検証の結果、意外な結末が待っていた(´゚д゚`)!?

スポンサーリンク

あなたの財布の中に、もしくはポケットの中に、または拾ったり、10円玉があったら何に使いますか?

 

はい、現代では(昔ながらの駄菓子屋を除いて)もう、10円玉一枚じゃ買い物もできません。

 

私が小学生の頃は10円玉で乾燥梅干し、5円チョコ2つ、飴玉、など10円1枚を握りしめて駄菓子屋にかけ出したものです。(道に10円が落ちてるぐらいじゃ拾わないなんて言う人もいるけど、許さない・・・その余裕っぷりが許せない・・・・プルプルッ)

 

でもね、今も昔も変わらず、とても有効な10円玉の使い方が、あるのかもしれないのです。

 

 

 

日々、ホームセンターの害虫駆除・殺虫剤コーナーを巡り歩いていると聞こえてくるウワサ話があるんです。

 

それは、

10円硬貨で蚊の幼虫ボウフラを退治・駆除することができるらしい

というもの。

 

10円玉を靴の中に入れておくと、銅の効果で匂いの発生を抑えるなんていう家庭で使える知識は有名だけど、10円玉でボウフラをやっつける!?はあまり知られていないのではないでしょうか。

 

2枚の10円硬貨を手に乗せてジッと見つめてみる

2枚の10円硬貨を手に乗せてジッと見つめてみる

※臭い靴の中に入れる、またはボウフラ退治に使う、いずれにしても汚れきった状態よりピカピカに洗ったほうが効果は期待できそうだけど面倒くさいからそのまま使っちゃうよ。

 

ちょうど、私の財布の中に10円玉が2枚ありました。

 

※私の名誉のために断っておきますが、10円だけ入っていたわけじゃなく、10円以上に高価な硬貨も入っていたわけで、じゃあなぜ財布を写真に撮らなかったのはツッコまないで下さい。(ああ、年取ると言い訳が多くなって困るなあ)

 

ガラス瓶の容器に溜めた雨水内で元気に泳ぐ蚊の幼虫ボウフラ

ガラス瓶の容器に溜めた雨水内で元気に泳ぐ蚊の幼虫ボウフラ

 

『管理人って、まさかボウフラ飼ってるんじゃないの?』

と疑われるほど容易に捕獲できる蚊の幼虫ボウフラ、雨降りの後は屋外にウヨウヨ・ウジャウジャと発生して困る・・・。

さあ、写真で見てもわかるように、とても元気に雨水の中をクネクネ・ウネウネと泳いでいます。

 

ガラス瓶の容器に溜めた雨水内で元気に泳ぐ蚊の幼虫ボウフラ

ガラス瓶の容器に溜めた雨水内で元気に泳ぐ蚊の幼虫ボウフラ

 

まだ卵から孵化したばかりでしょうか、小さく、色も薄いです。

10円銅貨の効果を試すには絶好の獲物です(笑)。

 

さあ、君たち覚悟はできてるかい?

”蚊の幼虫ボウフラは銅で弱り死んでしまうのか?”

実験をスタートするよ、え?聞いてない?そりゃ言ってないんだもん、当然だよね、じゃ開始!

 

 

ポチャンッ!

 

 

(´༎ຶ۝༎ຶ)※ボウフラ『ええー!?聞いてないよぉ(汗)!僕らだって生きる権利があるんだ!生まれて間もない昆虫の赤ちゃんに対する仕打ち、いくらなんでも酷いよ!うえ!ペッペッ、なんだこの薄汚れた円盤は!え、10円?それって銅とか関係なくボウフラの価値が10円ってバカにしてない!?クッソーもし死んだら、ボウフラが10円以下、5円か1円って呼ばれちゃう!絶対に生き延びて100円、いや500円ボウフラと呼ばせてやる!ヒングーッ!』

 

さあ、ここに歴史的なボウフラ対10円銅貨の命をかけた死闘の幕が切って落とされたのです!

 

スポンサーリンク

害虫”蚊”の幼虫ボウフラは10円硬貨の銅イオンで死滅するか!?実験は予想外の結果に・・・

害虫”蚊”の赤ちゃんボウフラが泳ぐ水の中に10円銅硬貨を投入して駆除を試みる実験開始!

害虫”蚊”の赤ちゃんボウフラが泳ぐ水の中に10円銅硬貨を投入して駆除を試みる実験開始!

 

ボウフラが泳ぐ雨水の中に10円玉2枚を投下して2日間、様子を見てみました。

2日間が短いのか長いのかという議論はしません。そもそも、数時間ですらボウフラを観察するほど暇な人は珍しいわけで、それを2日も取り組んだ私を褒めてくださいよ、ほら、頭ナデナデしてえ~・・・(汗)。

 

害虫”蚊”の赤ちゃんボウフラが泳ぐ水の中に10円銅硬貨を投入して駆除を試みる実験開始!

害虫”蚊”の赤ちゃんボウフラが泳ぐ水の中に10円銅硬貨を投入して駆除を試みる実験開始!

 

1日が経ち、2日が経ちますが、ボウフラは弱るどころか元気そのもの、すくすくと育っております。

※YOUTUBEなどで ”10円玉 ボウフラ死滅” というキーワードで出てくる動画を見ると、数日で駆除できるなどの効果が上げられています。ただ、私の実験と違うのは10円玉が・・・綺麗よね(汗)。まさか私のお金が改鋳されていて、それで効果が薄いなんてことは・・・

 

YOUTUBE動画 10円銅貨でボウフラは弱り死滅するのか!?

 

(´༎ຶ۝༎ຶ)『ヒングーッ!ボウフラ舐めたらアカンのやぁ!たった20円ぽっちで死んでたまるかボケッ(笑)!せめて7,8枚は使えよ!は?財布に入ってなかった?情けな~・・・どれ、財布、見せてみろ・・・ヒングーッ!ファーストフードのクーポンばっかり(笑)!』

 

害虫”蚊”の赤ちゃんボウフラが泳ぐ水の中に10円銅硬貨を投入して駆除を試みる実験開始!

害虫”蚊”の赤ちゃんボウフラが泳ぐ水の中に10円銅硬貨を投入して駆除を試みる実験開始!

 

ゴゴゴゴ(怒゚Д゚怒)ッ!

10円銅貨の銅イオンに耐えた生命力は褒めてやる!だがな、人間のフトコロ事情をバカにすると許さんぞぉ・・・・

 

害虫”蚊”の赤ちゃんボウフラが泳ぐ水の中に10円銅硬貨を投入して駆除を試みる実験開始!

害虫”蚊”の赤ちゃんボウフラが泳ぐ水の中に10円銅硬貨を投入して駆除を試みる実験開始!

 

(´༎ຶ۝༎ຶ)『ヒングーッ!ご、ごめんなさい調子に乗ってましたぁ(汗)!あのね、あのね、蚊の種類、硬貨の汚れ具合?そして水質環境など一概には言えないんじゃないでしょうか?』

 

 

むふー(怒゚Д゚怒)!・・・ボウフラにたしなめられてしまった・・・

 

でもたしかに一理あるな。ちっ!しょうがない、今回は勘弁してやる(負け惜しみ)!

 

(まさかギザ十(ぎざじゅう)、伝説の溝が彫られた10円硬貨だと一瞬で死滅する、とかないよな・・・)

 

 

というわけで、10円銅貨を使ってボウフラを退治!実験(※2日間)は失敗に終わりました。2日は短いよ、という方、ボウフラが羽化するスピードは侮れない早さなんですよ、私は1日でも短いと思います。

 

ああ、東京ディズニーランドで蚊が発生しないような工夫が一般市民に浸透したら蚊が媒介する病気はなくなると思うんだけどな・・・