蚊に負けず劣らず嫌われている害虫ゴキブリとの死闘を描いた姉妹サイトも更新中!
”もはや人類 VS 昆虫の戦争である”

日中に襲ってくるヤブ蚊、

寝静まった深夜に近寄ってくるイエ蚊、

奴らは、私達に休まる時間を与えてはくれない

この物語は、たった一人の人間が

群れをなして襲撃してくる害虫どもに

果敢に立ち向かった現在進行系の歴史である

人間は蚊に刺され続けると耐性ができて痒く感じなくなる?それとも加齢で皮膚感覚が衰えて虫刺されに気付きにくくなるだけ?

スポンサーリンク
ブログバナー:虫刺されは慣れる?

ブログバナー:虫刺されは慣れる?

※この記事は、”人間は蚊に刺され続けると耐性ができて痒みを感じなくなるのか?”という疑問について考えた内容です。しかし私は研究者ではありません。ブログのイチネタとして読んでくださいね(笑)。

 

私には一緒に住んでいる祖父がいます。

「じいちゃん」と呼んでいます。

 

じいちゃん、蚊に刺されても気付かないんですよ。

 

それだけじゃなく、刺された後に膨れて痒くなるじゃないですか、普通は。

 

それが、かゆみもあまり感じない様子なんですよね。

 

え?いえいえ、まだ死んでないですよ(笑)。

 

おじいちゃん

おじいちゃん

 

テレビを見ているじいちゃんの首から血を吸っている蚊を発見。

 

「じいちゃん、蚊に刺されてるよ」って。

 

そしてらじいちゃん、

「ん?なにが?」

って平気な顔してテレビを見続けてるんです。

 

私は蚊を叩いてあげようかな、と思いましたが手を止めてジッと観察することにしたんです。

 

「あ、これきっとブログのネタになる、ヒヒヒヒヒ( ̄ー ̄)」

なんて思ってないですよ、ホントですよ(笑)。

 

しばらくすると血を吸い終えた蚊が飛んでいきました。

 

刺された箇所を見てみると、たしかに膨れているようですが、正直しわくちゃでよく分かりません(笑)。

 

じいちゃん、首を掻きむしることをしません。

 

私は聞きました。

 

「かゆくない?」

 

すると、

 

「ん?なにが?」

 

って、また平気な顔してテレビを見続けてるんです。

 

普通ですね、蚊に刺されると

 

蚊に刺された少年

蚊に刺された少年

 

「え~ん、かゆ~い(泣)」

 

ってなるじゃないですか。

 

じいちゃんにはそれがないんですよ。

私のじいちゃんが特殊なのか、ということでばあちゃんも観察してみました。

はい、あのアシダカグモ襲撃事件を起こした祖母です(笑)。

 

ばあちゃんもじいちゃんほどではないですが、蚊への反応が薄いというか鈍い気がします。

 

他のじいちゃんばあちゃんがどうなのかは分かりませんが、それが年寄りは反応が鈍いというか少ないというか、こう書くとちょっと変に受け取る人もいそうですが、私はこう考えたんですよ。

 

加齢で皮膚感覚が衰えて気付かなくなっている

 

もしくは、

 

蚊に刺されすぎて耐性ができて感じなくなっている

 

のどちらかではないのだろうか、と。

 

本のタイトルは忘れてしまいましたが、たしか蚊を取り上げた内容で

蚊に刺され続けるとかゆくなくなる

って書いてあったんですが、タイトルをど忘れして申し訳ないです(笑)。

※思い出したら追記します。

 

スポンサーリンク

人間は蚊に刺され続けると蚊・虫刺されに慣れるのか?それとも加齢による老化現象で皮膚のたるみ、みたいなもの?

 

だって、じいちゃんばあちゃんなんて、子供の頃から蚊に刺されてきたってことは半世紀以上、血を吸われてきたってことで、生存本能がなにかしらの対策を打ってもおかしくないんじゃない?と思ったわけなんです。

 

、、と、ホラホラ!

 

ヒトの足から吸血する害虫ヤブ蚊(ヒトスジシマカ)のメス

ヒトの足から吸血する害虫ヤブ蚊(ヒトスジシマカ)のメス

 

蚊について考えていたら私も刺されちゃいましたよ(笑)

 

でもそれなら私だって負けず劣らず刺され続け、血を吸われてきたんです。そろそろ、蚊・虫刺されに慣れてもよさそうだと思うんですが、いまだに痒いです(笑)。

 

やっぱり慣れることなんてことはなく、耐性がつくこともなく、加齢で鈍くなるだけなのでしょうか(笑)。それとも諦めてしまってるだけなのでしょうか(笑)

 

ねえ、蚊さんはどう思う?

 

あ、そろそろ吸い終わりで飛び立ちそう、今回は見逃すことはせずにパーン)゚ロ゚)ノ!

 

血を吸っていたヤブ蚊(ヒトスジシマカ)を叩いて駆除した

血を吸っていたヤブ蚊(ヒトスジシマカ)を叩いて駆除した

 

(x x)グエッ!

 

今回のブログ記事、特に解決法もなにもないグダグダの内容になってしまいましたね、え?今回に限らず?・・・そ、そうっすね(;´∀`)アハハ

 

血を吸っていたヤブ蚊(ヒトスジシマカ)を叩いて駆除した

血を吸っていたヤブ蚊(ヒトスジシマカ)を叩いて駆除した

 

幼少の頃から数えきれないほど刺されてき私でも慣れない蚊・虫刺され、いまだに痒いですからねえ、まだまだ修行が足りないとかではないのかもしれませんね

 

血を吸っていたヤブ蚊(ヒトスジシマカ)を叩いて駆除した

血を吸っていたヤブ蚊(ヒトスジシマカ)を叩いて駆除した

 

アレルギーの治療では、食物アレルギーならあえて少量ずつ食べる耐性誘導という方法で克服するなど聞いたことがあります。たとえば花粉アレルギーなら花粉を使って治していくなど。

 

血を吸っていたヤブ蚊(ヒトスジシマカ)を叩いて駆除した

血を吸っていたヤブ蚊(ヒトスジシマカ)を叩いて駆除した

 

あえて刺される、ことを続けてもダメなんでしょうかね、あ、ただし、↓のような報告もあるようですので決して自己判断でやらないように。(何をw?)。

※食物アレルギー治療で意識障害、全国で13例https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180623-00000054-jnn-soci

リンク先ページは削除されています。

 

蚊を叩いて手に付いた赤い血

蚊を叩いて手に付いた赤い血

 

慣れなくても、耐性ができなくても、加齢とともに蚊は歳をとった人間の血を好まなくなる、みたいなデータあれば面白うそうなんですが(笑)、老若男女問わず刺すということでは平等ではありますね(笑)

 

わかばひふ科クリニック|蚊アレルギーはアレルギーではありません??

蚊アレルギーはアレルギーではありません??
昨日に引き続き、虫さされのお話です。   外来で虫さされの診察をしていると聞かれるのが 「蚊アレルギ…

 

逆に、蚊・虫刺されに過剰に反応する人もいるのが気になりますね。私の甥っ子なんか顔を刺されるとお岩さんみたいに腫れてしまうんですが、免疫システムになにかあるんでしょうか。

 

蚊を叩いて手に付いた赤い血

蚊を叩いて手に付いた赤い血

 

ということで、人間は蚊に刺され続けると慣れるのか、耐性ができるのか?ということを考えたことを記しただけのブログ記事でしたー(笑)